堺市東区 K様邸 イクタフローリング張替えリフォーム事例

フローリングに傷や汚れなどがあり、一面カーペットを敷いていました。
リビング・キッチン・玄関の床を張替えて、素足で歩くと気持ちいい、木のぬくもりが感じられる部屋にしたいです。
トップ画像
事例

 施工事例データ

イクタフローリング張替えリフォーム
工費 堺市東区

築30年以上の家全体をリフォームをすることになり、近所で長年営業しているので信頼できると思い、お願いしました。

20190528k-flooring-mae00 20190528k-flooring-mae01
カーペットや家具を全て取ったところです。
写真右側の床に家具の跡があり、よく見るとあちこちにシミや傷があります。右壁上部にエアコンの跡もクッキリついています。
「壁紙の張替」、「掃き出し窓」→「腰高窓」への変更も、同時に行っていきます。
出窓左にドアがあるのがわかるでしょうか?
リビングから玄関につながるドアが2ヵ所あり、こちらは使用しないということで、スペース有効活用のために壁にすることになりました。
20190528k-flooring-mae02 20190528k-flooring-mae03
奥に見えるのが、今回壁になるドアです。
ただし、壁の一部をガラスにしてお部屋の中に太陽光を取り入れます。ガラスには装飾フィルムで目隠ししつつ、明るい空間にしましょう。
手前左がキッチン、その右がリビング、奥が玄関です。
マットが敷かれていてわかりにくいですが、それぞれ異なるフローリングで段差がありました。
廊下との間に敷居もあります。



20190528k-flooring-naka00 20190528k-flooring-naka01
既存のフローリングをすべて撤去しました。
フローリングの張替方法は「張替え」と「重ね張り」の2種類があり、今回は「張替え」です。

張替え:既存の床を全てはがしてから新しく施工します。築30年ほど経っている、フローリングがきしむ・沈むなどの場合は、下地チェックも兼ねてこちらがおススメ。
重ね貼り:既存の床の上に新しいフローリングを重ねます。張替え理由が、キズや汚れの場合はこちらがおススメ。 ただし、床をはがさないので傷みや腐食を確認する機会が損なわれる、張替えない場所との間に段差ができてしまうデメリットがあります。
木造住宅の床は、基礎・土台・大引き・根太(ねだ)・(捨て張り)・フローリングなどの仕上げ材で構成されています。
水平をとって束石の上に床束を立ち上げ、その上に大引きという太い木を渡し、根太を直角に組みました。
この段階で敷居も撤去してあります。
20190528k-flooring-naka02 20190528k-flooring-naka03
フクビのフクフォーム断熱材を充てんします。
根太や大引きの間にボード状の断熱材を詰めます。
断熱材の上に針葉樹の構造用合板12㎜をはります(捨て張り)。
その上に仮ならべをした後、12㎜のイクタのフローリングをはっていきます。



20190528k-flooring-ato00
イクタビンテージフロアラステック ナラ材への張替えが完了しました。
自然光をたっぷり取り入れることができる、ナチュラルテイストの明るいお部屋に仕上がりました!
施主様が南西のお部屋で夏の暑さを心配されていましたので、南側の窓へは「Low-E 断熱複層ガラス」、西側の窓へは「Low-E 遮熱複層ガラス」を採用し、窓シャッターを電動に変更して頂きました(写真右窓)。その後、朝夕の雨戸の開閉が楽になり、暑さ・寒さがずいぶんやわらいだ♪ とうれしいお声をいただいています。

☆☆ ミニ知識 ~フローリングの種類~ ☆☆
無垢フローリング
メリット:無垢材と呼ばれ1枚の木材からできている。調湿効果があり、本物の質感が楽しめる。
デメリット:収縮しやすく、床暖房に対応していないことが多い。定期的に表面塗装を塗りなおすメンテナンスが必要。
複合フローリング
メリット:合板の上に様々な表面材を貼ったフローリング。反りや伸び縮が少なく、安価で安心して使える。床暖暖房対応やワックスフリーの商品も多くメンテナンスが簡単。 表面材のバリエーションが多く、厚い挽き板(ヒキイタ)を使用した商品は、無垢と同等の質感が楽しめる。
デメリット:表面材がシートや突板(ツキイタ)の場合、キズによって基材の合板が見える。
20190528k-flooring-ato01 20190528k-flooring-ato02
ikuta プレミアムコレクションの「ビンテージフロアー ラスティック ナラ」を採用。
表面は挽き板(ヒキイタ)で、回転する鋸刃で切り出すため2ミリの無垢挽き板材を使用。この厚みが深みある風合いをかもしだし、無垢板と同程度の表情を楽しむことができます。
「ナラ」はどんぐりが実る木で、重厚感があり、耐久性や耐水性に優れています。ナチュラルな雰囲気の部屋になじみやすく、肌色の色合いは年月とともにやわらかい黄金色へ変化します。
今一番人気の色です。
玄関からリビングに入る部分です。
こちらのドアは引き違い戸です。上吊りタイプを選択されたのでレールはなく、床がよりフラットでスッキリした印象になりました。玄関とお部屋の統一感もあって、素敵です。


  • リフォーム開始のその前に!!堺市の皆様におすすめするリフォーム診断
  • 堺市のみなさまにお伝えする水まわりリフォームのポイント
  • 堺市のみなさまにお伝えする水まわりリフォームのポイント
  • オトンとオカンに!安心な住まいを贈りませんか? 堺でいちばん笑顔が集まる店 はつしばリフォームが堺市のお客様に選ばれる理由
  • 堺市のみなさまにホームページだけのお得情報 今年の冬にお風呂場で寒い!!!と思いませんでしたか? 定額商品多数 オトンとオカンに!安心な住まいを贈りませんか?
  • 堺市のみなさまにホームページだけのお得情報 リフォームメニュー表はこちら オトンとオカンに!安心な住まいを贈りませんか?