堺市東区 K様邸 瓦補修・漆喰詰め直し工事事例

お客様のご要望 台風21号で1階の屋根の瓦が落ちてきました。
見える範囲だけでも数か所で瓦が飛んで割れたりしていますので、点検と修繕をお願いします。
20200227ksama-yane-title00
事例

 施工事例データ

屋根瓦補修・漆喰詰め直し工事
工費 堺市東区

当社を選んだ決め手 近所で営業されていていつもお世話になっています。
台風の強風で瓦が落ちてきてすぐに連絡しました。
ビフォー

20200227ksama-yane-mae00.jpg
まず屋根の総点検を行いました。
落ちてきた!とご連絡いただいた瓦は棟瓦でした。このはがれた棟瓦が飛んだ勢いで、屋根の平部の瓦(平瓦)が割れたり欠けたり、ひびが入ったりしていました。また漆喰がはがれ落ちている部分もみられました。

20200227ksama-yane-mae01.jpg
劣化が激しい部分を拡大した写真です。
瓦が浮いてズレているのがわかるでしょうか?漆喰が劣化して一部はがれてしまっているのも確認できます。
このままでは雨漏りなど大きな被害つながることが予測できますので、一旦緊急養生を行った上で、割れた瓦の差し替えと漆喰詰め直し工事を行いましょう。



施工中

20200227ksama-yane-naka00.jpg
はがれて飛んだ棟瓦を入れ替えるために、劣化した瓦や土を丁寧に撤去していきます。
20200227ksama-yane-naka01.jpg
破損していた棟瓦と平瓦を新しい瓦に入替えました。
20200227ksama-yane-naka02.jpg
この辺りの漆喰に大きな剥がれや瓦のズレはありませんでしたが、細かいひびや苔・カビがはいっていました。放置すると剥がれ、雨水が侵入する恐れがあります。
古い漆喰を撤去して、新しい漆喰を詰め直していきます。



アフター

20200227ksama-yane-ato00
瓦補修・漆喰詰め直し工事が完了しました。
鬼瓦部分もしっかりと漆喰補修されて美しい仕上がりです。

20200227ksama-yane-ato01
瓦屋根の瓦と瓦の接着に用いられる漆喰は、毎日風雨や直射日光にさらされ続けているため時間とともに劣化します。
まだ大丈夫だろう。。と放置していると、台風などの強風で瓦がズレたり割れたり、落下したりする可能性が高まります。
屋根は目にとまりにくく、劣化に気付きにくい場所です。大きな被害を事前に防ぐためにも、ぜひ定期的な点検を心がけてください。


yanegaiheki.jpg
施工事例一覧はこちら

  • リフォーム開始のその前に!!堺市の皆様におすすめするリフォーム診断
  • 堺市のみなさまにお伝えする水まわりリフォームのポイント
  • 堺市のみなさまにお伝えする水まわりリフォームのポイント
  • オトンとオカンに!安心な住まいを贈りませんか? 堺でいちばん笑顔が集まる店 はつしばリフォームが堺市のお客様に選ばれる理由
  • 堺市のみなさまにホームページだけのお得情報 今年の冬にお風呂場で寒い!!!と思いませんでしたか? 定額商品多数 オトンとオカンに!安心な住まいを贈りませんか?
  • 堺市のみなさまにホームページだけのお得情報 リフォームメニュー表はこちら オトンとオカンに!安心な住まいを贈りませんか?