堺市美原区 E様邸 軽量瓦「エアルーフ フレンチ」葺き替え工事事例

お客様のご要望 台風21号の風で屋根が飛ばされてしまいました。
修繕をお願いします。
20190925ysama-yane-title00
事例

 施工事例データ

軽量瓦エアルーフ葺き替え工事
工費 堺市美原区

当社を選んだ決め手 強風被害が大きくて困っていたのですが、いつもお世話になっていはつしばリフォームさんを思い出して連絡しました。
ビフォー

20200109esama-yane-mae01.jpg
ご依頼のお家がちょうど風の通り道になってしまい、屋根に瓦の浮き・歪み・割れなどが多くみられました。
下の写真はブルーシートで緊急養生をしたところです。
ベランダの支柱も折れるくらい強風だったということがよくわかります。
適切な場所に正しい方法で養生しないとシートが飛んで雨漏りがひどくなることがありますので、プロが養生します。
20200109esama-yane-mae00.jpg



施工中

20200109esama-yane-naka00.jpg
足場を設置して工事開始です。
屋根の劣化も進んでいたため、瓦屋根から今話題の軽量瓦「エアルーフ」へ葺き替えされることになりました。

☆☆軽量瓦「エアルーフ」って何??☆☆
近年、地震や台風に対する意識が高まって注目されている高品質なセメント瓦「エアルーフ」。
富士スレート株式会社の高分子繊維強化セメント瓦です。
伝統的な陶器系瓦に比べて40%軽量化
高分子繊維と樹脂軽量骨材が「薄く・強く・軽く」を可能にし、割れにくく、耐久性があって、軽いのが特徴です。

20200109esama-yane-naka01.jpg
まず既存の瓦を撤去します。
20200109esama-yane-naka02.jpg
屋根材の撤去が完了したら、基礎となる野地板(コンパネ)を張ります。
20200109esama-yane-naka03.jpg
ルーフィング(下葺き材)を敷きます。
屋根材には一般的に隙間があります。その隙間から侵入した水を「屋根の中に入れず、外に流す」という重要な役割をもっているのがルーフィングです。
20200109esama-yane-naka04.jpg
瓦をひっかけるための桟(さん)を取り付けます。
20200109esama-yane-naka05.jpg
その桟(さん)にセメント瓦を釘で打ち付けのせていきます。もう土は乗せません。



アフター

20200109esama-yane-ato00
ハイブリッド軽量瓦「エアルーフ」の葺き替え工事が完了しました!
風の通り道になりやすい場所でも大丈夫。毎日安心してお過ごしいただける美しい屋根に仕上がりました。
カラーベストなどより強くて、10年後のメンテナンスもいりません。おすすめの屋根仕上げです。
■富士スレート 高分子繊維強化セメント瓦「エアルーフ フレンチ」


yanegaiheki.jpg
施工事例一覧はこちら

  • リフォーム開始のその前に!!堺市の皆様におすすめするリフォーム診断
  • 堺市のみなさまにお伝えする水まわりリフォームのポイント
  • 堺市のみなさまにお伝えする水まわりリフォームのポイント
  • オトンとオカンに!安心な住まいを贈りませんか? 堺でいちばん笑顔が集まる店 はつしばリフォームが堺市のお客様に選ばれる理由
  • 堺市のみなさまにホームページだけのお得情報 今年の冬にお風呂場で寒い!!!と思いませんでしたか? 定額商品多数 オトンとオカンに!安心な住まいを贈りませんか?
  • 堺市のみなさまにホームページだけのお得情報 リフォームメニュー表はこちら オトンとオカンに!安心な住まいを贈りませんか?