堺市東区 T様邸 屋根瓦(軽量瓦エアルーフ)葺き替え・スレート屋根修繕工事事例

お客様のご要望 台風で屋根瓦が飛んでしまいました。カラーベスト部分にも欠けなど破損があります。
屋根全体の点検と必要な工事をお願いします。
20200323tsama-yane-title00
事例

 施工事例データ

屋根瓦葺き替え・スレート屋根修繕工事
工費 堺市東区

当社を選んだ決め手 台風で屋根が破損してしまいました。はつしばリフォームさんは近所でいつもお世話になっていますので、安心してお願いしました。
 
ビフォー

20200323tsama-yane-mae00.jpg
台風の影響で南側の屋根を中心に被害が出ていました。
写真は屋根の一部ですが、瓦屋根とスレート屋根を組み合わせたつくりのお家です。
強風で破損した瓦が飛び、飛んだ瓦が別の瓦を破損させる、、ということを繰り返したために、被害が広範囲におよんでいました。

屋根全体を詳しく点検しましょう。

20200323tsama-yane-mae01.jpg
瓦屋根のてっぺんの棟部分の瓦が飛んでしまっています。冠瓦(かんがわら)だけでなく、熨斗瓦(のしがわら)の一部も崩れていました。
写真の右上にあったはずの鬼瓦も落ちていました。
三角の形のケラバとよばれる部分の瓦も飛んでいます。

20200323tsama-yane-mae02.jpg
瓦の平部の写真です。
瓦の割れや欠けが広範囲にわたっているのがわかります。

20200323tsama-yane-mae03.jpg
スレート屋根の棟板金(むねばんきん)と呼ばれる金属製の板金の一部がズレています(写真左)。
写真右は破損部分の写真です。飛散物があたって欠けた可能性が高いです。



施工中

20200323tsama-yane-naka00.jpg
総点検の結果、瓦の破損が激しく広範囲におよんでいたため、この機会に瓦屋根全ての葺き替えを行うことになりました。
瓦は近年注目されている軽量瓦「エアルーフ」を採用いただきました。
スレート屋根部分は破損部分を修繕して塗装します。

一旦緊急養生を行い、足場を組んで作業開始です!

20200323tsama-yane-naka01.jpg
まず、既存の瓦を撤去します。
瓦の下の土もハケやチリトリで丁寧に取り除いていきます。

20200323tsama-yane-naka02.jpg
瓦を撤去した状態です。

20200323tsama-yane-naka03.jpg
次に、新しい基礎の野地板(コンパネ)を張り、屋根の防水シートのルーフィングを敷きます。
ルーフィングは「雨水が瓦の隙間から侵入しても屋根の下地材に水を浸透させない」という重要な役割をもっています。
ルーフィングが正しく施工されていれば、強風などで瓦が1枚飛んだり破損してもすぐに雨漏りは起こらないでしょう。主に雨漏りが起こるのは、瓦のズレや破損で下地材であるこのルーフィングが傷ついて穴があいたり破損したときです。

続いて、瓦をひっかけるための桟(さん)を取り付けます。

20200323tsama-yane-naka04.jpg
こちらが軽量瓦の「エアルーフ フレンチ」です。一旦屋根の上にあげたところです。

20200323tsama-yane-naka05.jpg
桟(さん)にエアルーフをのせていきます。

20200323tsama-yane-naka06.jpg
スレート屋根のズレていた板金の修繕をして塗装します。
塗装は高圧洗浄をした後、下塗り→中塗り→上塗りと塗り重ねます。

20200323tsama-yane-naka07.jpg
劣化の激しかった部分もこの通り。

一般的にスレート屋根の塗装の目安は10年前後といわれています。
塗装には美観だけでなく、防水性を回復させ耐食性を高めるという重要な役割があります。

金属やスレート部分に塗装すれば水と直接触れることがなくなりますので、サビにくくなります。
スレート屋根が老朽化して傷ついてしまう前に塗装して、耐用年数を伸ばしてあげましょう。



アフター

20200323tsama-yane-ato00
施工完了後の全景です。
軽量瓦とスレート瓦が組み合わさったつくりの屋根ですが、一体感のあるデザインやカラーを選ばれ、素敵に仕上がりました!

20200323tsama-yane-ato01
ハイブリッド軽量瓦「エアルーフ フレンチ」の葺き替え完了写真です。

近年、地震や台風に対する意識が高まって注目されている高品質なセメント瓦「エアルーフ」は、富士スレート株式会社の高分子繊維強化セメント瓦です。
伝統的な陶器系瓦に比べて40%軽量化。高分子繊維と樹脂軽量骨材が「薄く・強く・軽く」を可能にし、割れにくく、耐久性があって、軽いのが特徴です。

10年以上葺き替え工事をしていますが、未だに一番長持ちしている瓦材です。

20200323tsama-yane-ato02
スレート屋根もこのとおり!

20200323tsama-yane-ato03
トタン部分も同色系で塗装しました。

今回、「屋根葺き替え」とあわせて「外壁塗装」も行いました。
外壁塗装は後日紹介させていただく予定ですので、お楽しみに♪


ところで、ご存じですか?
リフォームをする時は「きっかけになった場所以外にも、目を向けることが大切」ということを。

今はリフォームが不要でも、数年後に必要になるからまとめて工事した方が手間が減ったり、トータル金額がお得になることがあります。
また、完全に壊れてから修理するより早めにメンテナンスした方が安くすむ場合もあります。
逆に今回無理にする必要のない工事、というのもあります。

賢いリフォームのためには、「今やらなければいけない場所」と「今やっておいた方がいい場所」を正しく見極めることが大切です。ぜひご相談ください。



yanegaiheki.jpg
施工事例一覧はこちら

  • リフォーム開始のその前に!!堺市の皆様におすすめするリフォーム診断
  • 堺市のみなさまにお伝えする水まわりリフォームのポイント
  • 堺市のみなさまにお伝えする水まわりリフォームのポイント
  • オトンとオカンに!安心な住まいを贈りませんか? 堺でいちばん笑顔が集まる店 はつしばリフォームが堺市のお客様に選ばれる理由
  • 堺市のみなさまにホームページだけのお得情報 今年の冬にお風呂場で寒い!!!と思いませんでしたか? 定額商品多数 オトンとオカンに!安心な住まいを贈りませんか?
  • 堺市のみなさまにホームページだけのお得情報 リフォームメニュー表はこちら オトンとオカンに!安心な住まいを贈りませんか?