堺のキッチンリフォームは、はつしばリフォームにお任せ


台所 リフォーム キッチンリフォームをする前に

リクシルさん、TOTOさん、Panasonicさん、タカラスタンダードさん、、、各メーカーからは家族の生活スタイルに合わせた台所リフォームプラン、キッチン商品が数多く展開されています。

せっかくキッチンリフォームをするというならば、どの様な台所の形式や特長があるかを抑えた上で実際の予算やリフォームされた事例を確認していただくと、より具体的にご自身の台所への悩みがどう解決されるべきか見えてきます。

理想のキッチンを的確な費用でリフォームするために、こちらのページではそれぞれのキッチンタイプのメリットとデメリットを掲載させていただきます。台所リフォームで失敗しないように、ぜひご参考にしてみてください。


キッチンのタイプと特長を知ろう

台所リフォームで新しいキッチンへの交換リフォームをすることに決まったら、どの形式・タイプにするかを選んでいきましょう。間取りに対しての設置方法やシステムキッチン自体の形状でご紹介します。

台所リフォーム キッチンリフォームのタイプの違い

台所リフォーム キッチンリフォームのタイプの違い

・I型キッチン:Iの字の様に、横長の直線1列でシンプルな形状のキッチン

・II型キッチン:シンクの列とコンロの列が別になった、2列で構成されたキッチン

・L型キッチン:L字の様にシンクとコンロが90度で向かい合う形のキッチン

・コの字型キッチン:コンロ、シンク、作業スペースが一辺ずつバラバラに配置されたコの字型に曲がったキッチン


台所リフォーム キッチンの取り付け方法の違い

対面式

キッチンの前面がリビングやダイニングに向けて設置されたキッチン

キッチンのタイプと特長を知ろう

壁付け

壁に向かって作業する様に設置されたキッチン

キッチンのタイプと特長を知ろう

ペニンシュラ

キッチンの左右どちらかの辺が壁に接しているキッチン

キッチンのタイプと特長を知ろう

アイランド

部屋の中央などに設置され、壁から独立しているキッチン

キッチンのタイプと特長を知ろう

台所をリフォームする方法として、キッチンのタイプや設置方法をご紹介しましたが、この形式が頭に入っているとご自身で希望されているキッチンのタイプがどの型なのか分かってくると思います。

最近はペニンシュラタイプが人気になってきていますが、実際にリフォームする際は台所を使われるメインの方やご家族の使いやすさが一番重要です。

おしゃれなキッチンだとアイランドキッチンを選ばれても、壁付けのI型を使われていた場合は配置の違いで違和感を感じて後悔してしまうかもしれません。

理想のお料理スタイルや食事風景、今ご自身が抱えていらっしゃるお悩みなどを最も解決できるキッチンのタイプを選べるよう、はつしばリフォームがお手伝いさせていただきます!

キッチンのタイプと特長を知ろう

対面式タイプへの台所リフォーム メリット・デメリット

対面式キッチンを希望される方は、リフォーム前の台所が壁付けのキッチンである場合が多く、

・台所で料理をしている時にダイニングやリビングの様子が分からない
・壁に面していることに心的ストレスを感じる
・手元を明るくするために電気を点けたり、窓が必要

といったお悩みを抱えていらっしゃいました。当てはまるものがあったら、対面式の台所がご自宅に合う形の可能性が大きいです。

対面式キッチンにはメリットだけではなくデメリットもあります。

キッチンのタイプと特長を知ろう

メリット①料理をしながら部屋の様子が分かります


リビングやダイニングがキッチンの前面にあるので、家族がどうしているか目を向けられます。

また、台所に居ながら料理中の会話やコミュニケーションが取りやすく、部屋の一体感が生まれます。


メリット②圧迫感が無い


開けた空間を前にしているので、台所での開放感があります。
また、部屋全体の照明からも光が届くのでキッチンに窓がない場合も影が少なくなります。

デメリット①臭い、油・水ハネがある


キッチンと面しているダイニングやリビングに水や油が跳ねやすく、部屋・天井に臭いも伝わりやすいです。

デメリット②台所の間取りが広くなる


壁側とキッチン側の間に通路が必要な分、面積を広くする必要があります。

デメリット③収納力が必要


対面にしている空間の分棚が設置できないというデメリットがあるので、背面に作業棚を設置する・キッチン本体が収納機能性が高いものにするといった対策が選ばれています。
台所に床下収納を設置されるのもひとつの案です。


壁付けタイプへの台所リフォーム メリット・デメリット

壁付けタイプの台所は以前主流だった形式で、実は今でも根強い人気があるキッチンです。壁付のメリット・デメリットも見ていきましょう。

キッチンのタイプと特長を知ろう

メリット①台所の間取りの制限を活かせる


壁付けキッチンは壁とキッチンの間に空間がないので、リビング・ダイニングの面積を狭めることがありません。

メリット②配膳が楽になる

壁付けキッチンは壁に面して調理をすることになりますが、配膳や家事導線では振り返るだけで他の動作に移れるため、ダイニングテーブルにすぐに配膳できます。

メリット③カウンターやスペースの設置でII型キッチン風に変身!


壁付けキッチンから対面式にリフォームするまでではないが作業スペースを増やしたい、部屋を見ながら作業がしたいという時に、キッチンに沿う形でカウンターや作業台をDIYで設置することで、II型キッチンを演出できます。

作業カウンターはニトリさんやIKEAさんでも売っているので、比較的安い金額でお悩みを解決するリフォームが可能です。

デメリット コミュニケーションが取りにくい


料理中や作業中は壁に面しているため、リビングやダイニングの様子が分かりません。
作業に集中しているとお子様に目が届かなくなる、調理中に台所が孤立し家族の輪に入れず寂しさを感じるという方も多くいらっしゃいます。

このデメリットから今は対面式のキッチンにリフォームすることで、家族とコミュニケーションを取れる台所をご希望される方が多い様です。


ペニンシュラタイプ メリット・デメリット

ペニンシュラ(peninsula)とは英語で半島を意味し、キッチンが部屋に対して半島のように突き出ている事から、その様な台所がペニンシュラキッチンと呼ばれています。

島というとアイランドキッチンですが、左右の片側だけ壁につけたものと考えるとわかりやすいかもしれません。

対面キッチン・オープンキッチンは部屋の様子が分かり、コミュニケーションが取りやすく開放的な空間が魅力です。そこに属すのがアイランドキッチンとペニンシュラキッチンです。

ペニンシュラタイプのメリットとデメリットも見ていきましょう。

キッチンのタイプと特長を知ろう

メリット①部屋にいる方と台所とのコミュニケーションが取りやすい


ペニンシュラキッチンは、前面がリビング・ダイニングに面した対面式の台所なので、キッチンに立ちながら部屋の様子が分かる様に設置されています。
流し台で食器を洗いながらお子様を見られ、お食事中のご家族とコミュニケーションを取りながら配膳できます。

メリット②台所の間取りの自由度が高い
キッチン本体の片側を壁付けにするレイアウトなので、比較的限られたスペースにも設置が可能です。

アイランドキッチンは四辺すべてに空間を確保する必要があるので、台所の面積を広く取る必要がありますが、ペニンシュラキッチンは左右どちらかは通路幅が要りません。

キッチン前側にカウンターを設置すれば、テーブルカウンターのように使うことも可能です。

メリット③油汚れ対策がされている


オープンキッチンであるアイランドキッチンは開放感が最もありますが、コンロからの油跳ねや臭いも部屋中に飛んでしまうデメリットがあります。

ペニンシュラタイプは壁に接している方にコンロが設置されていて、油の飛び散りを防ぐ工夫がされています。

油が跳ねても壁に油が当たるので、シンク側では開放感を演出しコンロ側では調理中の事情を考慮してくれるというわけです。

デメリット バランスが良い分突出していない台所


ペニンシュラキッチンは開放感を持ちながら汚れ防止の機能がありますが、アイランドキッチンに開放感は劣り、汚れ防止は壁付タイプに劣ります。

キッチンリフォームをする際のお悩みで絶対に解決したい事柄がある場合には、中途半端な台所という印象になってしまうかもしれません。


アイランドタイプ メリット・デメリット

キッチンのタイプと特長を知ろう

アイランドキッチンとはその名の通り、島のように設置されたキッチンのことです。キッチンを壁面から離し独立させた対面キッチンの形式で、デザイン性がありその部屋の主役がキッチンになるハイグレードな取り付け方法です。

アイランドキッチンの台所はペニンシュラタイプと同様に対面キッチン、オープンキッチンに分類されます。

アイランドキッチンにリフォームされる方は

・スタイリッシュなキッチンにしたい
・大勢でキッチンスペースを使う機会がある
・綺麗好きでキッチンも部屋のインテリアにしたい

この様な検討をされ、台所を理想の空間にされたいご希望がある方が多いです。
写真映えがするお洒落なキッチンですが、その分デメリットもあるのでご自分でもよく検討されたうえでのアイランドキッチンへのリフォームをおすすめします。

メリット①開放感のある台所


アイランドキッチンは壁から完全に独立しています。リビングやダイニングを前面にキッチンがあり、調理に集中していても部屋の様子が分かるメリットがあります。

ペニンシュラタイプの対面式キッチンでも同様に部屋にいる方とコミュニケーションを取れますが、アイランドキッチンの方が部屋のより中心部にキッチンが設置されているので、部屋の隅まで見渡せる特長があります。

ホームパーティやお料理教室をされるに方は、調理している風景が見渡しやすいというメリットでもあります。

メリット②家事導線がスムーズで複数人で調理ができる


アイランドキッチンはキッチンを遮る壁や仕切りがないので、四辺全てから調理や配膳を行えます。また、背面の壁との距離があるので通路幅で他の方とのすれ違いや家事導線の詰まりも起こりません。

メリット③圧倒的にお洒落なキッチン


リフォーム費用が高額となる分、各メーカーのアイランドキッチンはデザイン性の高いプランが設定されています。

見た目がお洒落なだけではなく機能性が高く、開放的で見られる分足元のキャビネットで収納力をカバーしているものもあります。

デメリット①キッチンが丸見え


独立していて開放感があるキッチンだからこそ、部屋からもキッチンを見渡せます。整理整頓はもちろんですが、コンロの油汚れやシンクの水垢などにも目が行ってしまうため、綺麗な状態を保つ必要があります。

デメリット②設置できないお住まいがある


アイランドキッチンは、キッチン本体の大きさに加え通路幅に余裕のある配置を考えると約20帖ほどのリビングダイニングが必要になります。

キッチンの本体が約2.4mなので、広さは十分でも綺麗な長方形間取りである方がより設置しやすいです。

このことから狭小のマンションやアパート・特殊なリビングダイニングの間取りは設置できてもリビングの空間が狭くなったり使い勝手が逆に悪くなってしまいます。

デメリット③価格が高い


アイランドキッチンは壁に設置していない4辺すべてに化粧板が必要になることから、値段が高くハイグレードなリフォームプランとなります。

キッチンにこだわりがある方に選ばれるケースが多いので、便利な機能や材質にもこだわられるとアイランドキッチンでリフォームされた方の費用相場は100万円~150万円ほどと高額になっています。





堺のお風呂リフォームは、はつしばリフォームにお任せ


はつしばリフォームのコラムをご覧いただきありがとうございます。こちらのページでは、お風呂のリフォームって何から検討すればいいの?とりあえずショールームに行ってみた方がいいのかな?...と新しい浴室を検討されはじめたお客様に基本的な内容を、具体的に欲しい設備が見えてきたお客様には、はつしばリフォームおすすめのユニットバス商材をご紹介するページなどをご紹介しております。

このページを見れば、ご自宅のお風呂場のサイズや、ユニットバスの標準仕様にどんなものが含まれているかや、ユニットバスへのリフォーム費用目安などもご確認いただけます!


お風呂のリフォームをする前に ユニットバス・在来工法とは?

こちらのページでは、そんなお風呂を「ここが不満だな」「こう変えたいな」とリフォームの検討を始められた方に、お風呂リフォームをする前に最初に知っておいていただきたい基礎的な項目をご紹介します。


続きはこちらから >>



浴室のサイズを知ろう

水回りリフォームを検討中された際や、中古住宅のリノベーションをされる時に「お風呂場、キレイにしたいな」「リラックスできるバスルームにしたいな」と考える方が多いと思います。

リフォーム業者や専門業者に問い合わせすれば具体的な話が進みますが、まずはこちらの記事でリフォームする際に一般的な浴槽のサイズや仕様についてをご紹介します。


続きはこちらから >>



浴室リフォームの費用相場

新しいユニットバスへの交換を検討される際に、商品の価格や施工費用も重要な検討項目です。お風呂場の広さやどこまで快適な空間にするか、在来工法からユニットバスへのリフォームなのか、ユニットバスからユニットバスへのリフォームなのかで見積金額が異なってきます。


続きはこちらから >>



おすすめユニットバス商品を見る

はつしばリフォームでは、日頃の感謝の気持ちを込めてWEB限定浴室リフォームキャンペーンを始めました。 オトン、オカンにとって危険の多い浴室を、一人ひとりにぴったりの安心・安全な住まいへと代えるプランを提案させていただきます。


続きはこちらから >>



お風呂のリフォーム事例集

はつしばリフォームでは、堺市を周辺とした地域に密着し、多くのリフォームをご依頼いただいています。
こちらのページでは、特にお風呂リフォームでのお悩み解決事例をおまとめさせていただきました。


続きはこちらから >>




風呂 場 リフォーム | 堺のお風呂リフォームは、はつしばリフォームにお任せ


お風呂は体と心をリラックスさせてくれます。疲れてしまった時、体が冷えてしまった時、温かい湯船につかると、「ほっと」ひといきからだの芯まで癒やされますよね。そんなお風呂場も浴槽や洗い場が窮屈に感じたり、家族のライフスタイルに合わないことで不満が出てきたりしてしまうと、せっかくのバスタイムも心ゆくまで楽しめなくなってしまいます。

こちらのページでは、そんなお風呂を「ここが不満だな」「こう変えたいな」とリフォームの検討を始められた方に、お風呂リフォームをする前に最初に知っておいていただきたい基礎的な項目をご紹介します。



お風呂のリフォームをする前に ユニットバスと在来工法とは?

お風呂場のリフォームは、お住まいや浴室の状況によって大まかに「ユニットバス」「在来工法」というキーワードが登場します。具体的なリフォームの方法や商品の価格、リフォーム全体の費用にも関わってくるので基本的な用語として理解しておきましょう。


ユニットバス

工場で浴室の壁(パネル)、床、天井、そして浴槽などが1セットとして作られ、施工現場で組み立てることで設置できるバスルームのことです。

規格の決まった製品の組み合わせなので、料金が安く済み、設置する際の手順や工期も早く仕上がります。

マンションなどの水まわりスペースが狭い賃貸物件の改修では、浴室・トイレ・洗面が一体となった「3点ユニットバス」、浴室とトイレが一緒になった「2点ユニットバス」が採用される場合も多く、ファミリー向け物件や新築戸建て住宅では浴室のみの「1点ユニットバス」が広く使われています。


在来工法の浴室

在来工法は柱と梁の軸組での工法です。日本の建築工法であり、古くからあるお住まいはこの在来工法で建てられています。

お風呂場の天井から床、壁・浴槽まで空間を自由に使える在来工法ですが、「タイル張りの床が冬になると冷たい!」「隙間風で逆に体が冷えてしまう」というお悩みでユニットバスにリフォームされる方が多い状況があります。

ヒートショックの防止としても断熱性能の高く、お手入れもしやすいユニットバスへの交換が主流です。


ハーフユニットバス

ハーフユニットバスは、上記の「ユニットバス」と「在来工法」の良いとこどりをした工法です。

浴槽と洗い場・壁(パネル)の下半分はユニットバスと同様1つのセットになっていて、天井と上半分は好きな材質のものを使用できます。

通常、天井の高さや傾きがあるお風呂は、ユニットバスの規格では対応できない場合が多いので在来工法でのリフォームになり、工事期間も長く値段も高くなってしまうケースがあります。

その点ハーフユニットバスでは、壁(パネル)下半分、洗い場、浴槽がセットになっていることで防水性は◎ですし、天井の高さや傾斜の事情にも対応できる在来工法の特長も兼ね備えています。

各メーカーの商材が少ないというデメリットもありますが、在来工法でリフォームされるよりも工事費込みの価格は低くなるため、在来工法でリフォームを検討されている方はハーフユニットバスという選択肢に入れていただければと思います。




お風呂リフォームの工期は何日かかる?

お風呂のリフォームをする際、工期が長くなると自宅の浴室が使えなく不便になってしまいます。風呂リフォームの一般的な工期は、下記が一般的な目安です。


・ユニットバスからユニットバスへのリフォーム・・・約4日

・在来工法からユニットバスや、元の広さからサイズアップするなどの大規模リフォーム・・・約6日~

・浴室乾燥機やテレビなど設備の取り付けや浴室ドアの交換など、部分的なリフォーム・・・約1日


リフォームを行う季節や施工する工務店の状況によって変わってきますので、お見積りの際には「具体的にいつ頃リフォームしたいか」を一緒に相談されるのがおすすめです。最近では、新型コロナウイルスの影響でtotoさんやリクシルさんのリフォーム商品のパーツが届くのに時間がかかり工期が延びてしまったケースもあります。


浴室リフォーム中にお風呂に入れない場合は

・近くの銭湯で済ませる
・親、兄弟、親戚の家のお風呂を借りる
・お湯を含ませたタイルで体を拭く

といった方法で数日間過ごされる方が多いです。お風呂のリフォームが決まったら、リフォーム中の過ごし方も先に決めておきましょう。



<< お風呂リフォーム施工事例集 目次に戻る 浴室のサイズを知ろう >>


1  2  3