堺の窓リフォームは、はつしばリフォームにお任せ



堺の窓リフォームは、はつしばリフォームにお任せ

窓などの開口部からは多くの熱が出入りします。特に、住まいのお悩みでよく言われる、断熱・防犯・防音、遮熱対策、結露対策には、窓リフォームが効果的です。

こちらのページでは、窓まわりでお悩みを抱えられている方、窓リフォームをご検討されている方に、まず知っていただきたいそもそも内窓とは何か、メリット等の内窓リフォームのポイントをご紹介します。



窓のリフォームでよく聞く、内窓リフォームとは?

窓リフォームを検討し始めると、内窓リフォーム、二重サッシ、などの言葉にまず出会われると思います。

内窓とは、既存の窓の室内側にもう一つ設置する樹脂製の窓のこと指します。

二重窓や二重サッシも同様の意味合いで呼ばれます。窓を二重で設置することに違和感を持たれるかもしれませんが、この内窓リフォームを行うことで冬の寒さや夏の暑さ、騒音問題解決に一定の効果が生まれます。


内窓リフォームで断熱対策!

冬の寒さや夏の暑さで冷暖房費がかさむと、昨今の電気代値上がりも影響して節約に意識を向けられる方も多いと思います。

内窓リフォームは断熱効果を高めることでこの冷暖房費を節約することができるのですが、実際に内窓を取り付けるとどうして断熱効果がアップするのでしょうか。

まず念頭にお伝えしたいのが、熱が家を出入りするのは約6割は開口部である窓からであるということです。冬は約5割、夏場はさらに高まり約7割以上の熱が窓を経由してお住まいの空気の温度を変えています。

内窓リフォームで断熱効果!


また、特に冬場はコールドドラフト現象と言って、窓辺の空気が外気温によって冷やされて家の床に下降してくることで体感温度も低くなってしまいます。

いわゆる底冷えです。この住まいの熱によるお悩みに対して、窓から断熱することで冬の寒さ、夏の暑さをシャットアウトし快適な住まいにしていくのが内窓リフォームです。



内窓リフォームで結露対策!

内窓リフォームは結露対策にも効果的です。冬場は特に朝の窓辺に結露が発生しやすく、カビや汚れでお悩みに方も多いと思います。

内窓リフォームは既存の窓と内側の窓で間に空気層を作ることで、外気温で冷やされた窓が室内の暖かい空気を冷やすことを抑制することができます。


そもそも結露はどのようにして起こるのでしょうか。実は結露の原因は室内の水蒸気と外気温が関係しています。生活していると調理や入浴、室内での洗濯物干しや人が居るだけでも水蒸気を発生させています。

この水分を多く含んだ空気が外の寒さで冷え切った窓辺で急激に冷やされることで、空気中の飽和水蒸気量が小さくなり、水分となって窓サッシや窓ガラスに付着してしまうのです。

窓以外にも玄関や室内の壁自体にも結露が発生してしまう場合もあります。

内窓リフォームで結露対策効果!


結露が発生している窓に内窓を取り付けることで、外側の窓が外気で冷やされても、内窓との間に空間が出来ることで結露が発生しにくい状況を作り出すことができます。

また、密着性の高い樹脂製サッシが内側に来ることで、室内の空気を窓同士の間に漏らすことも無くなり外側の窓にも結露が付きにくくなります。

そしてさらに内窓はアルミ枠の窓よりも熱伝導率が1,000分の1である樹脂製枠を使用しているので、サッシ枠の結露も防ぐことができます。

結露 内窓


内窓リフォームで防犯効果!

内窓は防犯対策にもおすすめです。お住まいのセキュリティでよく対策されるのは玄関ですが、人目につかない窓を狙って泥棒が侵入するケースが約6割もあります。

内窓を取り付けることで、窓ガラスを割って開錠するまでの手間を増やす、時間を長くすることで侵入を諦めさせることにつながります。

内窓リフォームで防犯効果!


より防犯効果が高い内窓リフォームを行う際は、内窓に使用するガラスを、単板ガラスではなく防犯ガラスの合わせガラスにしましょう。

合わせガラスとは、2枚のガラスを樹脂製の膜で密着させたガラスのことです。

ガラスが割られても飛散しにくい特徴があり、穴が開かないので鍵に手が届きにくくなります。樹脂膜を2枚、4枚、6枚と増やすことでさらに防犯特化のガラスを採用することも可能です。


もちろん費用は1枚の単板ガラスより高額になりますが、近隣で空き巣が発生した、一度空き巣に入られたことがある方は防犯効果の高いガラスでの内窓リフォームをおすすめいたします。



内窓リフォームで防音対策!

最後は内窓リフォームで騒音のお悩みを改善させる内容をご紹介します。内窓リフォームは防音効果があるリフォームで、戸建てだけではなくマンションでの設置も可能です。

開閉が出来る引違い窓は閉めていてもわずかな隙間からどうしても音が漏れてしまいます。

ここに内窓を取り付けると、サッシが二重になることで窓を通り抜ける音自体が少なくなり防音効果が発揮されている状況を作りことができます。

内窓リフォームで防音効果!


では、具体的に内窓を付けるとどの程度防音することができるのでしょうか。

大手メーカーさんでは、外の車などの80デシベルの騒音の状態で既存の窓での室内は55デシベル、これに対して内窓を取り付けることで約40デシベルにまで防音することが出来る実験結果を出しています。

40デシベルは深夜の住宅地や図書館のシーンとした環境レベルですので、かなりの音の侵入を防げています。

さらに防音効果を高めるには、防犯と同様に、取り付ける内窓のガラスを防音効果の高いものにしましょう。

複層ガラスは2枚のガラスが共鳴を起こし防音性能が落ちる場合があるので、複層にする場合は使用するガラスを室内側は防音性能のあるガラスである商品を選ばれることをおすすめします。

ガラスの種類はメーカーによってより性能が高いもが開発されていることもあるので、ぜひはつしばリフォームへご相談くださいませ。

複層ガラス




内窓リフォームにデメリットはある?

様々なメリットがある内窓リフォームですが、注意すべきデメリットがあります。お住まいの状態や内窓リフォームを行う商品により差が出ますが、一般的な内窓リフォームのデメリットをご紹介します。

内窓リフォームデメリット① 室内が狭くなる?

室内側に窓が二重になることで窓周辺が数センチ~10cm前後狭くなってしまいます。

既存の窓枠に内窓を設置するスペースがない場合は、ふかし枠というものを使い設置に必要な尺が足りない部分に枠を設置させるので、設置後に圧迫感を覚える方もいらっしゃいます。

窓周辺にものを置くことも出来なくなります。



内窓リフォームデメリット② 開閉の手間が増える

窓が二重になることで、開閉の手間も2倍になります。開け閉めの握力が少ない方、こまめに換気をしたい方は、慣れるまで面倒に感じられるかもしれません。





内窓リフォームデメリット③ 掃除の手間も2倍!?

窓の掃除も外側の窓、内窓が必要になりますが、既存の窓の内側は内窓との間になるためあまり汚れません。

しかしサッシは開閉の際に埃や汚れが入る可能性が高いので2倍とまでは行かないまでも、1.5倍程度は掃除の範囲が広がってしまいそうです。




これらのデメリット以外にも、具体的に内窓リフォームを行った後をイメージしていただくと、慣れるまでは見た目に違和感を覚えられるかもしれません。

窓のお悩み解決を優先してデメリットを我慢して受け入れる、、、というマイナスな気持ちで終わらないようにぜひお伝えしたいのが、・・・実はこの内窓のリフォーム商材は、サッシの色味が木目調のものや、クロスに馴染むように白系統のものなど、窓の開き方も引き戸や内開き・FIX窓と種類が豊富なんです!

お部屋に馴染むデザインや和室におすすめの障子風の窓もあるので、暑さ、寒さ、騒音などのお悩み解決だけではなく、築5年・10年経過して室内のイメージを少し変えてみたい場合もおすすめです。

また、マンションにお住まいの方には窓リフォームをする際、共用部分はリフォームできない制限がありますが、室内側の窓は専有部分となるので一般的には管理組合の許可を取る必要がありません。

マンションだから窓の交換ができない!とお考えの方は、内窓リフォームで快適な室内環境を作ることができます。

もちろんマンション毎にリフォーム可能かは異なるので、ご希望のリフォームが出来るよう、リフォームのお問い合わせ前に管理規約を確認しましょう。



実は窓のリフォームはガラスの種類も重要です!

内窓リフォームの防犯、防音効果のご紹介で、ガラスの種類をご紹介しました。内窓リフォームをされる場合は、設置するガラス自体にもこだわると良いでしょう。

ここからは、一般的な複層ガラスの種類をご紹介します。ガラスによっては費用が高いものもありますが、その分性能が高く納得できる商品でしょう。

騒音や断熱のお悩みは、コストパフォーマンスも含めて検討いただければと思います。


複層ガラス

2枚のガラスの間に金属部材のスペーサーで中空層を作っているガラスです。この中空層に乾燥空気が封入され、熱伝導率の低い空気でガラスとガラスを挟み込むことで断熱性能を高めています。

Low-E複層ガラス

Low-E複層ガラスはは複層ガラスの1種です。Low-E膜と呼ばれる特殊な金属膜をガラスに施すことで赤外線や紫外線をカットし、さらに断熱性能が高まります。

メーカーによってはエコガラスとも呼ばれています。

真空ガラス

こちらは2枚のガラスの中空層を真空にしたガラスです。真空にすることで熱の移動をそもそも起こさない仕組みを採用しています。

複層ガラス、Low-E複層ガラスよりも高い性能がありますが、その分お値段が張る商品です。

合わせガラス

合わせガラスは複層ガラスと見た目が似ていますが、複数のガラスを強力な中間膜で張り合わせているので仕組みが少し異なります。

飛散防止や衝撃に強い中間膜や、防音性能の高い中間膜のガラスなどラインナップがあります。

複層ガラスは断熱効果が比較的高く、合わせガラスは災害時の窓ガラスの安全性と、さらに追加して防音性能を高めることができるガラスです。





ここまで内窓リフォームをする前に知っていただきたい基礎的な知識をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

お得に内窓リフォームする方法として、2023年3月31日までは「こどもみらい住宅支援事業」で開口部の断熱改修の条件に当てはまれば、最大で1カ所あたり32,000円の補助金が受け取れます。


こちらの補助金を利用する際は、申請ができるリフォーム会社が限られるので注意が必要です。

はつしばリフォームはこちらの補助金申請の取り扱いが可能ですので、お得に内窓リフォームされたい場合はぜひお問い合わせください!